「責任政党認識甘い」 生方氏を念頭に苦言 小沢民主幹事長(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 02日 懸賞

 民主党の小沢一郎幹事長は27日、福井市での連合幹部との意見交換会で、生方幸夫副幹事長による党運営批判を念頭に「政権与党になったのに責任政党の構成員である認識が甘い。しっかり意識転換できていない面が国民に心配をかけている」と苦言を呈した。金沢市の党会合では「財政も行政も自公政権がめちゃくちゃにした。魔法使いじゃないからいっぺんに変えることはできない」と述べた。

 一方、自民党の大島理森幹事長は27日、横浜市で講演し、郵政改革法案について「鳩山内閣は『官』を太らせ、『民』を圧迫し、時代に逆行している」と述べ、夏の参院選の争点にする考えを示した。

2010年度予算成立、社会保障関係費は9.8%増(医療介護CBニュース)
【風を読む】論説委員長 中静敬一郎 若者が自衛隊に入れない(産経新聞)
シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)
校長室で性的関係…江戸川の区立小前校長を処分へ(読売新聞)
東武ワールドスクウェア ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
[PR]

by qt2z2yjen9 | 2010-04-02 10:19

<< <入学式>元気いっぱい新1年生...   高木美帆選手 1人の「卒業式」... >>