社民党、比例代表に原元新社会党副委員長を擁立(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 26日 懸賞

 社民党は25日の常任幹事会で、今夏の参院選比例代表の候補者に新社会党元副委員長の原和美氏(61)の擁立と、香川選挙区で前高松市副市長の岡内須美子氏(57)の推薦を決めた。これで同党の比例代表は5人、選挙区では公認候補5人、推薦2人となった。原氏は今年2月に新社会党を離党し、今月14日に社民党に入党した。

【関連記事】
「体調不良」の真相は…前田日明氏、緊急会見を“ドタキャン”
北教組OB5人から600万円 民主・鉢呂氏側個人献金 政治活動全般で依存か
首相は小沢氏を切れるのか
自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月

<銭湯>三重・答志島で140年 「元湯」が廃業(毎日新聞)
<国交省>ブレーキ優先、義務化を検討(毎日新聞)
街頭募金詐欺で実刑確定へ 最高裁初判断(産経新聞)
公明 神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
「政治とカネ、けじめつけてないのが下落要因」前原国交相 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ(産経新聞)
[PR]

by qt2z2yjen9 | 2010-03-26 14:42

<< 東京でサクラ開花宣言、平年より...   <殺人未遂>容疑の39歳母を逮... >>