逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)

懸賞 2010年 03月 16日 懸賞

 埼玉県蕨市で4歳次男に十分な食事を与えず放置したとして保護責任者遺棄容疑で逮捕された新藤正美(47)と妻早苗(37)両容疑者について、さいたま地検は16日、精神鑑定で刑事責任能力を調べるため、鑑定留置をさいたま簡裁に請求し、認められた。
 地検によると、両容疑者は取り調べ中の言動に不可解な点があるという。 

【関連ニュース】
知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡
夫への不満から虐待か=妻が供述、夫婦生活でストレス
父「食事、息子は別」=妹生まれた3年前から
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席
「妻に逆らえなかった」と父親=育児放棄、見て見ぬふりか

<枝野行政刷新担当相>独法保有の国債「全額返させる」(毎日新聞)
別れさせ屋に懲役15年…別れさせた女性と付き合い、別れ話で殺害(スポーツ報知)
科学技術予算に重点=菅財務相(時事通信)
<民主>複数人区、擁立進まず 「政治とカネ」が影(毎日新聞)
POLYSICS武道館ライブでカヨ卒業「イママデアリガトウ」
[PR]

by qt2z2yjen9 | 2010-03-16 21:37

<< 現場近くに住む主婦「火が強く近...   <トランスデジタル>元役員逮捕... >>