自殺予告、87人防ぐ=通報は最多の223件−警察庁(時事通信)

懸賞 2010年 03月 10日 懸賞

 2009年に全国の警察が通報を受けたインターネット上の自殺予告は223件、228人で、前年より43件、32人増え、統計を取り始めた06年以降の最多となったことが4日、警察庁のまとめで分かった。このうち、警察官や家族が救護したり説得したりして自殺を防いだのは87人で、8人減った。
 通報された228人の中で身元を特定できたのは193人。うち11人は既に自殺を図っており、2人は死亡したが、9人は救護された。自殺の恐れがあったが、説得などで保護したのは78人。中には集団自殺を呼び掛ける書き込みをし、硫化水素を発生させる薬剤を持っていた人もいた。 

【関連ニュース】
自殺対策でキャンペーン=福島担当相
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府
自殺対策100日プラン=福島担当相
自殺見届け役の学生ら再逮捕=嘱託殺人未遂容疑
自殺者、11年連続3万人=08年度版白書

「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)
機密費使途、確認できず=退陣確定の麻生政権が支出−政府答弁書(時事通信)
<入れ歯安定剤>自主回収 健康被害の恐れ(毎日新聞)
広島県の福祉医療費審査支払事務を受託―支払基金(医療介護CBニュース)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
[PR]

by qt2z2yjen9 | 2010-03-10 19:34

<< <トランスデジタル>元役員逮捕...   <普天間>官房長官と米大使 会... >>