二所ノ関部屋マネジャー?首つり自殺 大阪(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 04日 懸賞

 26日午前10時ごろ、大阪府茨木市別院町の「東本願寺茨木別院」から、「男性が首をつっている」と110番があった。署員が駆けつけたところ、男性は境内のプレハブ小屋内で首をつってすでに死亡していた。茨木署は、死亡していたのは、寺院に滞在していた大相撲二所ノ関部屋のマネジャー(51)とみて身元の確認を急いでいる。

 関係者によると、二所ノ関部屋は、大阪で3月14日に初日を迎える春場所を前に、今月22日から寺院に滞在していたという。遺書などは見つかっていないという。

【関連記事】
安治川親方の人生を狂わせた一門制度
貴乃花親方に同世代親方3人が同調 改革へ!どんどん意見を
二所ノ関&放駒両理事、朝青龍に厳罰要求
武蔵川理事長の続投支持 二所ノ関一門会
二所ノ関理事、新理事会で厳重処分を要求「覆水盆に返らず」

「ご当地グルメ」をブランド化=名物料理、商標登録を支援−農水省(時事通信)
鳥取選出・石破氏「チベット発言」に怒る(読売新聞)
太陽の塔 目が光ります 3月27日から大坂・万博公園(毎日新聞)
<農業共済連合会>自民2議員が会長辞任へ(毎日新聞)
<小1男児殺害>母親が起訴内容認める 福岡地裁で初公判(毎日新聞)
[PR]

by qt2z2yjen9 | 2010-03-04 10:06

<< 池谷氏「選挙カーの上で倒立」…...   ハローワーク公募の「盛岡芸者」... >>